植物

空き瓶でヒヤシンスを水栽培。花が終わったら庭に植えて翌年も咲かせよう、の巻

ヒヤシンス水栽培

今年もヒヤシンスの水栽培をセットしました。咲き終わった球根は庭に植えて来年も楽しみましょう。水栽培の方法と球根の再利用方法について解説します。


ヒヤシンスの水栽培

球根の水栽培といえばヒヤシンスというくらい定番ですね。ヒヤシンスを水栽培すれば、まだ寒い2、3月に一足早く室内で春の香りを楽しむことができます。

ヒヤシンス

咲いた後は球根を庭に植えて、肥料をやり、球根を太らせれば、翌年も庭で花を楽しむことができます。

ではまず水栽培の方法とポイントを解説します。

 

球根の選び方

大きめの球根のほうが豪華な大きい花が咲きます。水栽培は球根のパワーのみで花を咲かせるので、大きさが咲き具合に影響します。しかし小さい球根では咲かないわけではないので、お好みでどうぞ。

売り場で干からびている球根は咲きませんので、できるだけ状態のよいものを選びましょう。水栽培用のものでなくても大丈夫です。

 

容器

ヒヤシンス水栽培

容器はある程度の大きさがあればどんなものでもいいですが、球根が水につからないように支えるものが必要です。上の写真のような水栽培専用容器がホームセンターなどで購入できます。実家ではこちらを使っています。お手軽です。

咲いたところの写真がなくてすみません。これはお高めの大きな球根だったので、見事なのが咲いたそうです。

ヒヤシンス水栽培

今年は空き瓶を使用して水栽培をセットしました。イケアのピクルスが大好きなので、イケアの空き瓶がたくさんあります。ふだんはアクリル絵具で絵を描くときに水入れに使用しています。大きめのパスタソースの瓶もちょうどいい大きさです。根がかなりたくさん出てくるので、あまり小さいと根がきゅうくつになってしまいます。

 

空き瓶を利用した水栽培の方法

空き瓶の口がすぼまっていて、ちょうど根の入る大きさであれば、上に置くだけで大丈夫です。ただ、たいていの瓶は口が大きくて球根が中に入ってしまうので、球根を浮かせる支えが必要です。

100円ショップやホームセンターで購入できるホビー用の針金を使って支えを作りました。ハサミで切ることのできる細いスチール針金がおすすめです。わたしは0.7mmのものを使用しました。

ヒヤシンス水栽培

まず針金のリングを作ります。球根の下にあるイボイボした発根部から根が出てくるので、その外側を囲むように針金で輪を作ります。針金を3重ほどの輪にして、最後はくぐらせながら一周します。輪っかがあまり大きいと球根が沈んでしまいますし、小さいと根が出るのにじゃまになります。

ヒヤシンス水栽培

つぎにリングを支えるブリッジをつくります。4本の針金をそれぞれ2本に折り、リングの針金の間に通します。

ヒヤシンス水栽培

瓶の口にのせて、針金を下に折り、針金の上に麻ひもを巻きます。毛糸やリボンでも代用できます。とりあえず何もなければセロテープでも大丈夫です。針金が出ていると危ないので、余分な針金は切り、先端が麻紐の下に隠れるようにします。

球根を針金リングの上に載せて水を入れます。

ここが最も重要です。球根と水が触れ合う程度まで水を入れます。入れすぎると球根がつねに濡れた状態になり、外皮にカビが出てきます。カビが出たら皮をとってください。根が出たら少し水を減らして球根が水につからないようにすると安心です。

根が出るまでは、ひんやりとした暗めの場所に置いて発根を待ちます。本来は土の中で発根・発芽するわけですから、暗いところでも大丈夫です。芽が出てきたら明るい場所に移動したほうが茎の色がよくなります。

ただし、ヒヤシンスは冬の寒さにあたらないと花芽がつかないので、あまり暖かい場所だとよくありません。水温10度で40日前後だそうです。

実家では最初は北側のトイレの前のまったく日が当たらない場所に置き、根が張ったらリビングの窓際に持ってくるようにしています。夜間や留守中はリビングでも10度以下になるので、とくに冷蔵庫に入れたりしなくても咲きます。

水は実家では家族が替えているようすはないのですが、とくに腐ったり濁ったりもしないですね。部屋が寒いからでしょうか。

ヒヤシンス水栽培

12月2日の夜にセットして、4日の朝にすでにこんなに根が出ています。芽がもう出ていますが、買うのが遅かったので、売り場ですでに芽が出ているのしかなかったんですよね。いいんだろうか。

新しいこの部屋でヒヤシンス栽培するのは初めてです。冬どのくらい寒いのかまだわかりません。せっかく南向きの部屋に引っ越したのに寒くてもイヤだし・・・。北側の部屋に置いておきますかね。

ヒヤシンス水栽培

アクリル絵具で文字を書いてみました。筆で書いたのに、字がヘタなので、マジックで書いたみたいになってしまったとです・・・。ないほうがよかったかな。球根があと2つあるので、あと2つリングを作らないと。

 


花が咲き終わったら

水栽培で開花したヒヤシンスは養分を使い切っているので、来年も開花させるには、球根に再び栄養を蓄える必要があります。日当たりの良い場所に植えて、肥料を与えて葉をよく育てて、球根に栄養が行くようにします。

茎を切って土に植え、マグァンプKやハイポネックスなどの肥料を与えます。葉が大事なので、葉は切らないように。肥料は土の上からあげても効きますが、植え付ける前に下の土を耕して肥料を入れておくと、根が吸収しやすくなるのでベターです。

ヒヤシンス

濃い紫のヒヤシンス。個人的には紫かピンクがオススメ。庭にヒヤシンスの香りが漂います。

ヒヤシンス

このピンクは4年前くらいに植えたものですが、土中で分球したようで複数の花茎が立ちます。春に肥料を上からパラパラまくだけなので水栽培のときほど大きい花ではありませんが、わたしはこのくらいが好きです。

球根が小さいと大きい花が咲かないので、花後に忘れずに肥料をあげるようにしましょう。

鉢で育てる場合は、葉が枯れたら球根を掘り上げて、カビが出ないように風通しのよい場所で保管し、再び初冬に植え付けてください。大きな球根に育っていれば水栽培も可能でしょう。

 

おわりに

ヒヤシンスの水栽培は冬のわくわく室内園芸の定番ですね。今年は5個で300円の安い球根なのですが、果たしてどんな花が咲くでしょうか。

ではまた。

この記事をシェアする

最後までお読みいただきありがとうございます。またのお越しをお待ちしております。

ブログ村のガーデニングブログランキングに参加しています。応援クリックお願いいたします!


Previous Post Next Post

You Might Also Like