シンガポール

ガーデンズバイザベイの行き方。ガーデンラプソディとクラウドフォレストは超必見!

ガーデンズバイザベイ

シンガポールの超人気スポット、ガーデンズバイザベイ。壮大な光と音のショー「ガーデンラプソディ」、植物好きには見逃せない雲霧林を再現した「クラウドフォレスト」、一年中花いっぱいの「フラワードーム」など、とにかく広くて見所たっぷり。

シンガポール植物園とちがって植物が好きな人もそうでない人も楽しめるスポットです。しかもフラワードーム&クラウドフォレストとスカイウェイ以外は無料! 

では、近未来的不思議植物園ガーデンズバイザベイにLet’s go!!

voyaginシンガポール


ガーデンズバイザベイの基本情報

ガーデンズバイザベイ(Gardens by the Bay)は、未来をテーマにした大型植物園で、マリーナエリアに2012年6月に開業しました。比較的新しいスポットですね。

ガーデンズバイザベイ

シンガポール植物園のほうは、植物に関心がない人やお子さんはあきてしまうかもしれませんが、ガーデンズバイザベイのほうはアトラクション的要素があって誰でも楽しめると思いますよ。ただし総面積101ヘクタールと超広大。

 

え? 101ヘクタールじゃわからない?

ごもっともです。

 

検索中です。少々お待ちください・・・。

 

 

 

 

101ヘクタールは、東京ドーム約21.60196個分です!

 

すべてを見ようと思ったら1日かかってしまうでしょう(まあ、なんにもないエリアもありますけどね)。

どこをどの順番で見るかをイメージトレーニング(やや大げさ・・・)してから行かないと、無駄に歩いてヘトヘトになってしまいます。効率的に見られるように計画をたててから臨みましょう。

ガーデンズバイザベイの見所は、おもにこの3つ。

  • スーパーツリーグローブ(巨大人工ツリー)
  • クラウドフォレスト(雲霧林を再現)
  • フラワードーム(お花がいっぱい)

見逃せないイベントは、なんといってもガーデンラプソディです!

 

スーパーツリーグローブ

いまやマリーナベイサンズと並び、シンガポールを象徴するといってもいいスーパーツリー。熱帯雨林のなかに巨大な人工ツリーがニョキニョキと生えています。バックに見えるのはマリーナベイサンズ。

スーパーツリーグローブ

暗くなってくると照明がつきます。昼間もいいけれど、やはり暗くなってからが幻想的ですてきですね。

ガーデンズバイザベイ

右から2本目のスーパーツリーの上階にはレストラン「SuperTree by Indochine」があります。

 

OCBCスカイウェイ

スーパーツリーグローブを空中散歩できるOCBCスカイウェイ。わたしは極度の高所恐怖症なので、こちらは泣く泣く断念しました。

ガーデンズバイザベイ

いいなあ。楽しそうだなあ。高所恐怖症の克服方法を教えてください・・・。

 

OCBCガーデンラプソディ

ガーデンラプソディはスーパーツリーグローブで毎晩2回(7:45pm、8:45pm)開催されています。光の演出がすごく未来的&幻想的! あまり人工的なものが好きではないわたしでも超感動! 「シンガポール、やるな!」と思いました。

ガーデンラプソディ

ショーの内容は定期的に変わり、わたしが行ったときはアジアがテーマだったので、日本の音楽が流れました。

ガーデンラプソディは入場無料なのでどこから見てもよいのですが、人の頭でよく見えないと悲しいので、始まる前に見やすいところを確保するといいですよ。少し高いところからのほうがいいかもしれませんね。

 

フラワードーム

フラワードーム内は、いくつかの気候帯に分けられ、それぞれの地域の植物が植えられています。

ガーデンズバイザベイ

入ってすぐは多肉植物エリア。アガベやエケベリアが植えられています。右手に行くとバオバブやサボテンなどがあります。

ガーデンズバイザベイ

ちょうど春節のあとだったので春節のディスプレイでした。観光客でいっぱいです。ちなみにランはガーデンズバイザベイよりもナショナル・オーキッド・ガーデンのほうがいっぱいありますよ。

フラワードームPollen

フラワードームの中にあるレストラン「Pollen」。おしゃれですね。

フラワードーム内は冷房が効いていて寒いです。23〜25度に設定されているそうですが、まちがいなくもっと低い! 寒いのが苦手な人は、羽織るものが必要です。薄手のカーディガンでは寒かったです。とくに菊の花でできた春節のディスプレイのあたりが寒かったので、花を長持ちさせるために温度を低くしているのだと思います。Cooled Conservatory なので温室じゃない! 巨大な冷蔵庫だ!

 


クラウドフォレスト

雲霧林を再現したクラウドフォレスト。そもそも雲霧林ってなんでしょう?

雲霧林(うんむりん)とは、熱帯・亜熱帯地域の山地で霧(下から見れば雲)が多く湿度の高い場所に発達する常緑樹林である。広い意味で多雨林に含まれる。

雲霧林は比較的狭い高度範囲にのみ発達する。一般に日射が少ないので、低地林に比べると樹高は低いが分枝が多い。湿度が高いため、着生植物やシダが一般の多雨林よりさらに多い。特に地面や樹木の幹・枝に蘚苔類が繁茂するのを特徴とするので、蘚苔林(せんたいりん)とも呼ばれる。土壌は腐植質に富み、養分も多いが泥炭化しやすい。

世界ではインドネシア周辺、アフリカの一部、南米のアンデス山脈北部など熱帯域に多い。温帯域でも例えば小笠原の母島の中央山地や父島中央部の一部、屋久島やマデイラ諸島など暖帯の一部に分布する。

Wikipediaより引用

 

なるほど。よくわかりました。小笠原諸島と屋久島に住んでいる人は行かなくていい感じですかね。いやそんなことないですよ。

クラウドフォレスト

でもね、ここもね、高所恐怖症の人にはちょっときついんですよね。余計なことに端っこのほうは下が見えるようになっているんです。

クラウドフォレスト

ドームの中に大きな山があります。たしか6階まであったような気がします。エレベーターで上までのぼります。ドキドキ・・・。

でも大好きなメディニラマグニフィカがあちこちに咲いているし!

クラウドフォレスト

・・・がんばりました。横を見る余裕はありません。

ベゴニアマクラータ

水玉模様が芸術的に美しいベゴニアマクラータ(Begonia maculata)。ベゴニアってうまく育てられないんですよね、わたし。でもこれすんごいほしい。難しそうですが。

クラウドフォレスト

食虫植物の何か。クラウドフォレストの一番てっぺんのエリアです。

クラウドフォレスト

プルメリア。夾竹桃に似てるなと思ったらキョウチクトウ科なんですね。

わたし以外の人は平気で歩いていましたし、なんとかわたしでも歩けたので、OCBCスカイウェイにくらべたら楽勝でしょう。人工物でこんなものつくってしまうなんてすごいですね。ガラス建築物でこれだけ高さがあるのもすごい。どうやって植物の手入れをしているんでしょうね。

 

ガーデンズバイザベイの行き方

  1. MRTのサークルラインまたはダウンタウンラインに乗ってベイフロント駅に行きます。
  2. EXIT Bから出て、地下通路を歩きます。
  3. ドラゴンフライブリッジという連絡橋を渡ります。
  4. さらに進むとビジターセンターがあります。チケットを事前に購入していない場合には、こちらでチケットを購入します。
  5. ビジターセンターから、クラウドフォレスト&フラワードームの入り口までシャトルに乗っていくこともできます(車椅子の方は無料)。当日中は何回乗っても3ドルです。運行時間は午前9時から午後9時まで。歩いて行くのも楽しいですが、これも楽なのでおすすめですよ。
ガーデンズバイザベイのシャトル
 
ガーデンズバイザベイに向かう前に、電車の帰りの切符を購入しておきましょう。ガーデンラプソディが終わると、ものすごい数の人が駅に押し寄せます。券売機が数台しかないので、切符を買うのにかなり待ちました・・・。わたしが行ったときは春節の直後で、そのせいで人が多かったのかもしれませんが、もし行列ができていると時間が無駄になります。パスやカードを購入していない場合には、帰りの切符を購入しておいたほうがいいと思います。

 

料金・営業時間

アウトドアガーデンは無料です。朝5時から深夜2時までオープン。

 

OCBCスカイウェイの料金・営業時間

  • 大人:8ドル
  • 高齢者 (60歳以上): 8ドル
  • 子ども( 3-12 歳): 5ドル

営業時間は午前9時から午後9時です。チケット販売は午後8時まで。チケットはOCBCスカイウェイの入口で購入します(現金のみ)。行列ができている場合には、チケット販売終了時間が前倒しになります。

 

フラワードームとクラウドフォレストの料金・営業時間

営業時間は午前9時から午後9時までです(チケット販売は8時まで)。

  • 大人 : 28ドル
  • 子ども(3-12歳): 15ドル

 

18%OFF割引チケット

フラワードームとクラウドフォレストの入場料が18%OFFになる割引チケットはこちら

ガーデンズバイザベイの2つの有料施設フラワードーム+クラウドフォレストの入場券が含まれます。 当日でも購入可能。印刷不要のEチケットでスムーズに入場できるので、チケット売り場で並ぶ必要もありません。

マリーナベイサンズの展望台との組み合わせは現在25%OFF!

ほかにもシンガポールのさまざまな観光スポットのチケットが購入できます。事前に購入しておいたほうが現地で無駄な時間を過ごさなくてすみますね。シンガポールのチケットの一覧は こちら。行きたい場所が決まったらぜひチェックしてみてください。

 

ガーデンズバイザベイの所要時間

わたしは夕方からガーデンズバイザベイに行き、アウトドアエリアとガーデンラプソディを見て、あらためて翌日にフラワードームとクラウドフォレストに行きました。

滞在時間は、シャトルに乗るか、植物に関心があるか、どのエリアが見たいかによって変わってきますが、フラワードームとクラウドフォレストで2時間はみておいたほうがいいと思います。ギフトショップもありますし、最低でもそれくらいはないと駆け足になってしまうでしょう。

駅から歩くなら3時間、OCBCスカイウェイも見るなら3時間半。余裕を持って4時間。レストランで食事をするならばもっと必要でしょう。また念のために予約もしておきましょう。

一度に見るなら、3時か4時に到着してフラワードームとクラウドフォレストを見て、それから1回目のガーデンラプソディを見るのがいいと思います。

ガーデンズバイザベイにお出かけの前には公式サイトで最新の情報を確認してください。

 

おわりに

日本からも近く、人気の旅行先シンガポール。なかでも、植物と近未来的エンターテインメントが融合したガーデンバイザベイは、繁栄する現代のシンガポールを象徴する観光スポットです。植物が好きな人もそうでない人も楽しめますよ。ぜひ行ってみてください。

もう一つのシンガポールの必見スポット「シンガポール植物園」については下記の関連記事でご紹介しています。

この記事をシェアする

最後までお読みいただきありがとうございます。またのお越しをお待ちしております。

ブログ村のガーデニングブログランキングに参加しています。応援クリックお願いいたします!


Previous Post Next Post

You Might Also Like