植物

水仙やクリスマスローズなど春の花を室内で楽しもう、の巻

クリスマスローズ

水仙とクリスマスローズが今年もたくさん咲きました。庭の花を切ったら、花瓶に生ける前に絵を描くようにテーブルに置いて写真を撮るのが好きです。勝手に「置き花」と呼んでいます。


花で絵を描くように

春の花

そんな大げさなものではないのですが、大きな花から順番にテーブルに置いていきます。今日は、水仙、クリスマスローズ、ヒュウガミズキ、ムスカリ、その他小さい花(パンジー、ハナニラ、プリムラ)の順番に並べてみました。

本当は「置き花」というと「 華道で、床の間や卓上に飾る花(大辞林)」という意味なので違いますね。生け花やフラワーアレンジメントの世界では何か正しい言い方があるのかもしれません。名前をつけるほどのことではないのかもしれませんけど。

春の花

室内にお花畑が! このクリスマスローズは、すごく昔に通販で購入しました。まだホームセンターなどでは売っていなかったからです。

クリスマスローズ

これは濃い紫のタイプ。株分けもしますが、こぼれ種でも増えます。植えた記憶のない庭の片隅に突然咲いていたりします。場所があえばどんどん株が大きくなります。

春の花

このピンクの縁取りのプリムラは目立ちますね。ほかとあまりなじまない色というか・・・。となりのプリムラはちょっと紫っぽく写っていますが、青っぽいんですよ。青のシマシマ。暗いところで見るとすごい美しい。売り場で見て衝撃を受けた(大げさ)。イギリスのトンプソン&モーガンの種で、「ディスカバリングストライプ」という品種だと書いてありました。

 

「置き花」を楽しんだら花瓶に

春の花

量が多いですが花瓶があまりないのでギュギュギュッとブーケにしました。この花瓶は本当は金魚鉢なのかもしれません(笑)。手前はミルクピッチャーです。両方とも100円です。

ビオラ

かわいいビオラ。黄色と紫と緑っていいよね。ビオラもようやく本気を出してきました。チューリップはもう少しですね。この時期は庭仕事が楽しい。しかしここに住んでいないので、年によっては花を見ないで春が終わってしまうことも。一年中春だったらいいのに、ってそんなことばっかり言っています。

クリスマスローズとムスカリ

クリスマスローズにはあまり詳しくないのですが、ホームセンターに行くといまはいろいろな種類があって(しかも結構お値段がして)びっくりします。このタイプは、古くてイケてないクリスマスローズなのかもしれません・・・。でもこれはこれできれいなんじゃないかと思います。この点々があるのが嫌いという人もいるのかもしれませんけど、わたしは好きです。

 

まとめ

これからお庭の花がたくさん咲く季節ですね。たくさんお花を育てているかたは、花瓶に生けるよりも簡単で絵になるので、ぜひ「置き花」をやってみてください。明るい自然光の入るところで写真を撮るのがコツです。

最後までお読みいただきありがとうございます。またのお越しをお待ちしております。

ブログ村のガーデニングブログランキングに参加しています。応援クリックお願いいたします!


Previous Post Next Post

You Might Also Like