イギリス

バラがきれい!英国王立園芸協会ローズムーアガーデンの見所と行き方、の巻

RHS ローズムーア ローズムア ローズモア
英国南西部デヴォン州にあるガーデン、RHS Rosemoor(ローズムーア)の行き方と見どころをご紹介します。英国王立園芸協会が運営する広大なガーデンで、とくに6月はローズガーデンが見事です。


RHS Garden Rosemoor(ローズムーアガーデン)

デヴォン州のど田舎に突如出現する広大なガーデン。日本語表記はローズムーアが一般的のようですが、実際の発音にはローズモアが近いでしょうか。英国王立園芸協会が運営するガーデンの一つです。

広大な敷地にローズガーデン、ロングボーダーガーデン、ホットガーデン、キッチンガーデン、湿原・池、エキゾチックガーデン、地中海ガーデン、小さなアルパインハウス(高山植物)など、さまざまなエリアがあります。

 

ローズガーデン

わたしは6月に訪問したので、ちょうどローズガーデンが見事でした。というわけで、まずバラ園から。

RHS ローズムーア ローズムア ローズモア

絞りのバラが好きです。これはなんていうバラかな? センチメンタル? 赤い絞りのバラを見ると、みんなセンチメンタルに見える。今年こそセンチメンタル欲しい。

後ろはアストランティアです。イギリスではよく見かけるのですが、日本の気候には合わないようなので、売ってはいますが、うちのほうでは植えられているのを見たことがありません。とてもきれいなんですが。

RHS ローズムーア ローズムア ローズモア

黄色い小さい花はアルケミラモリス(別名レディースマントル)です。ハーブとして売られているので植えたことがありますが、暑さでダメになりました。紫系にもピンク系にも合うし、花壇で使えたらすごく便利な植物なのですが、高温多湿の地方では夏越しが難しいです。

RHS ローズムーア ローズムア ローズモア

まあとにかく見事に咲いていますし、手入れが行き届いていました。モティスフォントアビーよりも咲きっぷりはよかった気がします。モティスフォントは観光客が多すぎて、そこまで手が回っていない印象がありました。

RHS ローズムーア ローズムア ローズモア

ここは周りに何もないわりには来園者がいるとも言えるのですが、敷地が広大なので観光客の人口密集度は低いです。

RHS ローズムーア ローズムア ローズモア

カラースキームとしては、ピンクや紫よりなラブリーな感じ。ジギタリスもきれいに咲いていて、くどいくらいにロマンティック。

RHS ローズムーア ローズムア ローズモア

ジギタリスも好きなんですが夏越しが難しいですね。いつの間にかなくなっている。たくさん咲いていると見事です。

RHS ローズムーア ローズムア ローズモア

あとまあ、大きくなるので日本では台風で倒れるでしょうね・・・。このアプリコット色のジギタリスもいいなあ。

RHS ローズムーア ローズムア ローズモア

6月中旬だったので、アリウムはそろそろ終わりになる頃でした。でもアリウムって花が終わってもかわいいですよね。造形美。うちの庭には植えたことがないのですが、植えてみようかな。

RHS ローズムーア ローズムア ローズモア

バラの手入れをしていたガーデナーの人に話しかけられました。葉っぱがきれいで手入れが行き届いていますね、と言ったら、まあ薬は使ってるんだけどね(笑)、と言われました。まあそうですよね。ここは研修生を受け入れていて、日本人もいるそうです。

 

ホットガーデン

The Hot Gardenというのは夏のホットなカラーのガーデンということらしく、わたしが行ったときにはまだ花はあまり咲いていませんでした。

RHS ローズムーア ローズムア ローズモア

夏になるとオレンジや赤の花が咲き乱れるのでしょう。さまざまな質感の植物が植えられていて、見頃前ですがきれいでした。

RHS ローズムーア ローズムア ローズモア

植物の間をうねうねとした小道がとおっています。夏に行くならここがきれいかもしれませんね。でも基本的にはバラの時期をおすすめしますが。

 


湿原・池

大きな池があり、その周辺もきれいでした。少しひんやりとしているので木陰で休憩しました。

RHS ローズムーア ローズムア ローズモア

この日もけっこう暑かった記憶があります。ここ数年、イギリスは暑い夏が続いていますが、今年はどうでしょうか。

RHS ローズムーア ローズムア ローズモア

今年はまだ旅行の計画を立てていません。完全に出遅れた感がありますが、どうしましょう。カナダにしようかな、と考えているんですが・・・。

RHS ローズムーア ローズムア ローズモア

広いガーデンだと手が回っていない放置気味の場所が必ずあるのですが、ここはどこを見てもきれいでした。デボン州は比較的冬も暖かいので、冬の間の作業がしやすいんでしょうか。アクセスが悪いのがもったいないですね。

 

エキゾチックガーデン

ここは実験的に耐寒性のあるエキゾチックな植物を育てているエリアだそうです。「エキゾチック」ってふわっとしたカテゴリですが・・・(笑)。カンナとかヤツデとかもそうらしい。

RHS ローズムーア ローズムア ローズモア

右のこれって棕櫚(シュロ)ですかね。うちの近所には、これの巨大化したのがいっぱいありますが、こんなふうにするとかっこいいのね。左はイチジクでしょうか。奥に見えるのはバショウなのかな。

RHS ローズムーア ローズムア ローズモア

ストレリチアは地植えに見えますがよく見ると大きな鉢に植えられています。たぶん冬は取り込むのでしょう。重そうだなあ。

 


多肉エリア

多肉植物も少しありました。おもに鉢植えですがエケベリアやアエオニウムがありました。

RHS ローズムーア ローズムア ローズモア

センペルビウムと札に書いてありますが、手前にあるのはエケベリアですね。後ろの赤いのがセンペルでしょうか。

RHS ローズムーア ローズムア ローズモア

こちらはセンペルビウム。これは重そうだから動かさないのかな。やっぱり日本で見るセンペルビウムよりも紅葉が茶色じゃなくて、赤に近いよなあ。

RHS ローズムーア ローズムア ローズモア

アエオニウム。アエオニウムを大きくして咲かせたい。って、小人の祭りしか持ってないんですけどね(笑)。大きくなりようがない。近所の床屋さんの前に大きな黒法師があるのですが、このあいだ夜に前を通ったら大きなビニールを被せてありました。

 

アルパインハウス(高山植物ハウス)

ここは大きな温室はないのですが、カフェの隣に小さな高山植物のハウスがあります。

RHS ローズムーア ローズムア ローズモア

こちらにもセンペルビウムが。こういう小さいハウスほしいなあ。床がテラコッタタイルのサンルームとかほしいなあ。

写真が多すぎて重くなるのが心配なので、この辺で切り上げてまとめます。

 

RHS ローズムーアの行き方

車で行くのがベターですが、電車とバスで行けないこともありません。

RHS ローズムーア ローズムア ローズモア

車で行く場合は、道路沿いにこの看板があるので、これを見逃さないように。バスもこの前にとまります。このわきに道があって、そこを入っていきます。道路からはガーデンは見えませんので、看板に気づかないと通り過ぎてしまいます。カーナビ付きの車であれば心配ないかもしれませんが。

わたしは近くのサボテン園に宿泊したのでそこから行きました。公共交通機関を使って行く場合、バーンスタプル(Barnstaple)とエクセターを結ぶ5Bのバスで行くことができます。

エクセターのほうが大きい町で有名な大聖堂があります。ただしバーンスタプルからのほうが近いです。ロンドンからは遠いので日帰りはちょっと厳しいかもしれません。

バスの時刻表はこちら

 

おわりに

アクセスがあまりよくないのでちょっと行きにくいですが、バラの時期にイギリス南西部を旅行するのであれば、ぜひ立ち寄ってみてください。

お出かけの前には、必ず公式サイトなどで最新の情報を確認してください。

RHS Garden Rosemoor 公式サイト

この記事をシェアする
Previous Post Next Post

You Might Also Like