多肉植物

グラプトペタルム秋麗の育て方。たくさん増やして大きく育てよう、の巻

グラプトペタラム 秋麗 秀麗

入手しやすく丈夫で増やしやすい多肉の育て方シリーズ。今回はグラプトペタルムの秋麗です。かわいい花も咲きますし、大きく育てるととてもきれいですよ。


グラプトペタルム秋麗(秀麗)

秋麗は入手しやすい初心者にオススメの多肉の一つですね。丈夫なのでよほどのことがないかぎり枯らすことはないですし、葉挿しや挿し芽で容易に増やすことができます。

グラプトペタラム 秋麗 秀麗

季節による色の変化もきれいです。上の写真は早春の秋麗。冬は古い葉が紅葉でピンクっぽくなりますが、春になると中心から若い葉っぱが出てきてグラデーションがとてもきれいです。

グラプトペタラム 秋麗 秀麗

4月には花芽をにょきにょき伸ばし、かわいい花を咲かせます。親は朧月と乙女心と言われています。えー、ほんとかな? 片親は乙女心なの? 丈夫なところは朧月に似ています。

グラプトペタラム 秋麗 秀麗

花の形も朧月の花に似ています。小さいのでなかなかピントが合いませんが・・・。

土は水はけさえよければ多肉用の土でなくても大丈夫です。花用の培養土でも庭の土でも問題ありません。プランターや鉢で下に穴のないものや穴が横に開いているものは、水抜けが悪いので雨ざらしにすると水浸しになってしまいます。

グラプトペタラム 秋麗 秀麗

右にあるのが朧月です。秋麗のほうは葉の先端が日光でちょっと焦げていますね。朧月のほうが白っぽいので日焼けしにくいでしょうか。

グラプトペタラム 秋麗 秀麗

暖かくなるにしたがい、だんだん緑色になっていきます。雨が吹き込む軒下で育てていたので、水やりは雨任せでした。ルーフバルコニーでは雪の日も外に出しっぱなしでしたが、枯れることはありませんでした。

さらにこの後、引っ越しのためにルーフバルコニーの多肉を片付けなければならなかったので、カットして挿し木しました。

グラプトペタラム 秋麗 秀麗

現在の様子はこんな感じ。少しピンクがかっています。まだ小さいですね。大きいほうがきれいなので、早く大きくなってほしいなあ。カットする前はわたしの手ぐらいはあったんじゃないでしょうか。

 

増やすのは挿し木(挿し芽)が簡単

カットして土に挿すのが最も簡単です。切り口を乾かして、乾いた土に挿しておきます。しばらくすると根が出てくるので、根が出たら水やりします。残った茎の付け根からも、また芽が出てきます。時期は春や秋が適しています。

グラプトペタラム 秋麗 秀麗

9月にプランターに挿したときに、下の茎の部分をゼラニウムの植えてある鉢に挿しておきました。根付いて、わき芽がだいぶ大きくなっています。ゼラニウムは茎が多肉質なため土が乾き気味でも大丈夫です。

秋麗

一方、こちらは引っ越しの際にカットした秋麗を実家の庭に挿しておいたものです。雨ざらしですが、レイズドベッドの花壇なので土は比較的乾きやすいです。

6月に挿したので地植えで夏を越し、晩秋になってだいぶ大きくなりました。冬は地植えのままだと凍ってしまうと思うので、このあと掘り上げました。

多肉植物 カット苗

もともとはこの小さなカット苗から育ちました。右上の鉢に虹の玉と一緒に入っているのが秋麗です。夏の暑さにやられたりしてなくなってしまうものもあるなかで、非常に丈夫です。ほかの多肉が蒸れたり干からびたりしてなくなっていても、秋麗は多少焦げる程度で平気な顔をしています。

多肉植物

去年の春のようすです。奥のほうの大きいのが秋麗です。新しく挿したのは手前のプランターのみで、奥の3つは鉢管理で持て余したものを植えたり挿したりしておいたらこうなった、という感じです。

 


おわりに

久々に増える多肉シリーズを再開しました。いわゆる普及種といわれる多肉ですが、なかなかの色変化を見せてくれるきれいな多肉です。ぜひ多肉畑に加えてみてください。

ではまた。

楽天市場で秋麗を探す

この記事をシェアする
Previous Post Next Post