暮らし

買った毛糸は編もう。半端な毛糸(メランジスラブ)で何を編むか考えてみた

メランジスラブ
みなさん押入れやクローゼットに貯め込んでいるものってないですか。自分は毛糸ですね。買うときがモチベのピーク、みたいな(笑)。少し寒くなってきたので編み物を再開することにしました。在庫の毛糸でどんなものが編めるかデザインを考えます。


セールで買ってしまったメランジスラブ

去年のお正月に手芸店に行ったら、カゴにもられたセールの毛糸があったんですよ。数が少ないから在庫処分だったんだと思います。

メランジスラブ

メランジスラブとウールモヘアがあって、本当はウールモヘアの水色がすごくきれいだったので欲しかったのですが、2玉しかなくて断念。

悩んだ結果、メランジスラブの白、グレー、緑をあるだけ買ってきました。白が5つ、グレーが3つ、緑が2つ。小さいブランケット的な何かが編めるかなと思ったのかもしれない。赤いのはブリティッシュエロイカです。

でも10玉あるから着るものもギリギリ編めるかもしれないと思いつつ、結局押入れの肥やしに。

メランジスラブ フォレストグリーン

これいい緑ですよね〜。フォレストグリーンという色です。超極太なので早く編めるし。

ただ緑ってちょっと難しい色ですよね。モンドリアンは緑が嫌いだったって聞いたけど本当かな。

自分は緑は大好きですね。緑の服はあまり着ないけど。森ガールになるか、ただの緑のセーターを着た人になるかは、あなたしだい!

メランジスラブ フォレストグリーン

ライトグレー。これだけだと地味な仕上がりかな。でも大人なファッションにはいいかもね。Vネックのプルオーバーとか。

メランジスラブ きなり

これはきなり。万能に使える。太って見える可能性もあるけど、これで身頃を編んで、袖だけ配色でもいいですね。しかし5つしかないから前後の身頃を編むには足りないかな。

メランジスラブ

メリヤスのゲージを編んでみました。下の緑はガーター編みで裾を編んでみました。

15号で編んだら、標準ゲージよりもきつめになりました。14目21段でした。自分は向こう側が透けて見えるような編み地はあまり好きではないので、これくらいでいいかな。

太いところと細いところがあって、少しボコボコした編み地になります。目が揃っていなくても目立たないので、初心者でも編みやすい毛糸だと思います。

 

デザインを考えてみる

形はシンプルなドロップショルダーにします。身幅はやや太めの52センチ。丈はやや短く。セーターを編むには11〜13玉くらい必要なようです。10玉しかないので、丈を短めにしたら行けるでしょうか。たぶん無理(笑)。

 

配色案その1

身頃は下から緑、グレー、白の順に編みます。袖はグレーと白。袖の長さが足りなかったら、ブリティッシュエロイカの2本どりで少し色を入れるってどうかな?

ブリティッシュエロイカ

これすんごいきれいなワインレッド(168)。でもクリスマスカラーになってしまうので、ピンク(180)のほうがいいかな。

ブリティッシュエロイカ

これもかわいいピンク。こっちかなあ。

ブリテッシュエロイカも1玉ずつ6つあります。2本どりでうまくいくかどうかは試し編みしてないのでちと不安。

tabiniwa セーターのデザイン

こんな感じ? でもグレーのラインがわきのところまでこない予感。

 

配色案その2

少し編んでみたら普通にボーダーでもいいかなという気がしてきました。

tabiniwa セーターのデザイン

こういうボーダーにすると、つまらないかもしれないけど、着られないものができあがる可能性は減るかな(笑)。

メランジスラブ

こんな感じ。どうでしょう。個性的すぎるのができあがると着ないと思うのよね。

ガーターを8段、メリヤスを6段編んでみたら、残りの毛糸が18グラムでした。長さは6センチくらい。1玉40グラムだから半分ちょっと。

メランジスラブ

白を入れるのもかわいいかなと思えてきました。白を入れれば長さが出せますね。1玉27〜28段くらい編めそうだから、緑、グレー、白を4センチ、8段くらいでリピートしようかと思います。

ただ端の糸の処理にも糸が必要だから、緑が少し足りないかもしれない。緑が1玉あれば、袖にもボーダーが入れられるかなあ。

Amazonでも1玉から売ってるのを発見。ロットが違うだろうけどどうだろうか。

ただね、なんか追加で買うのって敗北感があるんですよね。編むものを考えてから毛糸は買いましょう。

つづく(たぶん)。

 

(追記)ボーダーを編んでみた結果・・・

こうなりました。やっぱり裾は2目ゴム編みに。

メランジスラブの編みかけ

ボーダーの幅は、8段で編んだみたら、横で糸を切ったせいか緑がやっぱり足りなそうだったので、4段ずつのボーダーにして、横で糸を切らないで、編み込みのときみたいにくるんで上に渡しました。

太いボーダーだと配色的にラガーシャツっぽくなったのですが、細くしたら少し緩和された・・・かな?

でも緑ってやっぱりメンズっぽいね・・・。

わきの下まで来るけど、もう1回リピートしてもいいような。ここで止めて同じものをもう1枚編みます。

さらにつづく(たぶん)。

この記事をシェアする
Previous Post Next Post