多肉植物

もう少し立体的に多肉植物の挿し木を寄せ植えしたい。赤玉土だけでチャレンジ

多肉植物の寄せ植え

ベランダの多肉植物をカットして挿し木で寄せ植えを作成しました。いつもの平面的な寄せ植えではなく高さのある寄せ植えを作りたかったのですが、赤玉土しかなかったので少し苦労しました。ひとり反省会です。


多肉植物の寄せ植え

インスタグラムで小さな多肉のクリスマスツリーを見たら寄せ植えがしたくなりました。クリスマスツリーは土台を針金などで作らないと無理。そこで少し高さのある寄せ植えに挑戦してみることにしました。

固まる土がないのですが、赤玉土でもでっきるっかな、でっきるっかな、はてはてふふ〜〜、はてふふ〜〜。

多肉植物の寄せ植え

ご覧のとおり、さらさらの赤玉土がメインなので、茎を長めにとってぐっと深く挿しました。

ただ茎が長くても、やはり鉢の横にはみ出るように挿すと、頭が重いのでひっくり返ります。一番下のがひっくり返りやすいです。

多肉植物 寄せ植え

そこで、霧吹きで表面の土を軽く濡らしました。土に重さが出るので少しひっくり返りにくくなりました。でも完全に固定するには、やはり固まる土を使用するのがいいと思います。

一方、クリスマスツリーやトピアリーなどさらに立体的なものは、水苔と針金で土台を作って、そこに多肉植物を挿してあることが多いようです。

多肉植物 寄せ植え

大きい多肉をざっくり挿したら、ピンセットで隙間に小さい多肉を詰めて、多肉ができるだけ縦になるように支えました。ちょうど白い花の咲いているブロウメアナがたくさんあるので詰めました。ブロウメアナはこんなに葉っぱが小さいのに、根がなくても長期間干からびません。

こちら側には虹の玉、イリア、ルビーネックレス、朧月、レフレクサム、フロスティの花など。

多肉植物の寄せ植え

反対側は、上記のほかに秋麗、プロリフェラ、白牡丹など。もう少し色味がほしいかな。実家に行けば赤くなってる多肉もあるんですけど。

まあ発作的に寄せ植えしたくなっただけなので、まあまあかな。伸びすぎた寄せ植えっぽい感じもしないでもないけど、気は済んだ・・・。ゴン太くんどうでしょうか。

多肉植物の寄せ植え

上の写真のように土に載せるだけの平面的な寄せ植えであれば、普通の土で十分です。もちろん逆さにするのはダメですが。上にも高さを出すのは少し工夫が必要ですね。

 

そして悲劇が・・・

写真を撮った後に後ろの鉢にぶつけてしまい、3分の1くらい崩壊しました(涙)。

やっぱり買おうかな、固まる土。

楽天市場でネルソルを探す

このネルソルという固まる土をお使いの人が多いようですね。楽天のほうが安いので送料無料になるお店でついで買いするのがいいのかな。

でも普通に鉢に挿すだけなら固まらない土でも大丈夫だから、もったいない気がするんですよね。何かで代用できないかな。ナチュラルボーンどけち(笑)。

今月は6回更新するぞとか言ってたのですが、もう23日。そんな忙しいってわけでもないですけど、とほほ・・・。そんなわけで今日はさくっと。

ではまた。

この記事をシェアする
Previous Post Next Post