多肉植物

ぶっこみ鉢のマーガレットレッピンがいつのまにかきれいになっていた、の巻

マーガレットレッピンなど多肉の寄せ植え

夏前に増えた多肉をカットして実家に持ち帰り、鉢に適当に植えておきました。ちまたでは「ぶっこみ鉢」というらしいです。

寄せ植えというほど手をかけたものではなく、鉢にカット苗ならポンと、葉挿しならパラパラと置いておくだけのものだからです。

時期が夏前だったので、根がない状態で暑い時期に突入してしまったのですが、涼しくなったら元気になりました。マーガレットレッピンの小さなカット苗もいつのまにかこんなにきれいになっていました。


グラプトベリア「マーガレットレッピン」

マーガレットレッピンはエケベリアに似ていますがグラプトベリア属で、Graptopetalum filiferumGraptoveria ‘Titubans’を交配させたものです。Titubansというのはいわゆる白牡丹らしい。もう一方のGraptopetalum filiferumってなんぞやと思って調べてみましたが、日本では「菊日和」という名前で流通している品種だそうです。

で、白牡丹は朧月(グラプトペタルム)と静夜(エケベリア)の交配種なんですね。ややこしい。

マーガレットレッピン

爪がキュッと尖っているのは、菊日和の形質でしょうか。全体的にうっすらと白く透明感があるのは、静夜から受け継いだ感じですね。

朧月の丈夫さも受け継いでいるので、比較的丈夫で増やしやすいです。

 

一年を通じたマーガレットレッピンの変化

ルーフバルコニーの多肉を整理して、植える場所がないものをパックに詰めて実家に持ち帰り、ミニバラが植わっていた鉢にそのまま挿しました。

マーガレットレッピン

10月下旬の様子です。

まだ夏のお疲れが残っているためだいぶ貧相ですが、放置でも自力できれいになっていくのが多肉植物のすばらしさ。

そして12月下旬には・・・。

多肉のぶっこみ鉢

疲れがとれて、すっきりとしたお顔に。みんな自然と南を向いている。

姫秋麗、朧月、虹の玉、秋麗、プロリフェラ、ルビーネックレス、星の王子、マクドガリー、数珠玉、レティジア、ブロウメアナ、レフレクサムなどがあります。

手前のほうはルビーネックレスとレフレクサムが邪魔だったので抜いて、また挿し木しておきました。

マーガレットレッピン

虹の玉や左上のレティジアなど、この時期に紅葉する多肉もきれい。

そして冬を越し、3月下旬・・・。

マーガレットレッピン

春を迎えたマーガレットレッピン。うっすらとピンクっぽくなりました。中心の新しい葉っぱとのグラデーションがきれいです。

春のマーガレットレッピン

奥にあるセデベリア属のレティジアも紅葉がすばらしい。ルーフバルコニーのレティジアは1月の雪を避けて室内に避難したら完全に徒長してしまいました。

多肉って、あまり過保護にしていると赤い紅葉を見られないわけですが、どこまで寒さに耐えられるのかわからないですからね。品種だけでなく環境や個体にもよりますから。だから株を増やしてバックアップをとっておきたいですね。

マーガレットレッピンの花

春にはかわいいお花も咲きます。これはだいぶ前の写真なので最初に購入した株かもしれません。カット苗1つから葉挿しによる増殖を経て、いまの数になりました。

 

マーガレットレッピンの増やし方

マーガレットレッピンは葉挿しや挿し木で簡単に増やせます。葉をとって乾いた土の上に置いておくだけで根が出てきます。根元がちぎれないように、横に揺らす感じでそっと取るのがコツです。

マーガレットレッピン 葉挿し

葉挿しした苗を育成中の写真です。この頃は小さくてかわいいですね。

マーガレットレッピン

マーガレットレッピンは茎が上に伸びていくので、株元に子どもをつけます。これをカットして発根させるのも容易です。上の写真は春に株元に生えた子株です。

マーガレットレッピン

5月になり、ピンク色があせ、緑になってきました。子株も大きくなって、親株の下でむぎゅーっとなっています。親株を切れば子株に栄養が行くので成長が促進されますが、きれいなので切れない・・・。

マーガレットレッピン

夏を経て10月下旬になりました。水を吸って葉が開いています。葉が開くのは風通しを良くするためでもあるでしょう。もともとは上の写真にある2株からこんなに増えました。

子株は親株につけたままでも育ちますが、独立させたほうが風通しがよくなりますし、子株を大きくすることができます。カットするなら春か秋がいいでしょう。

子株を親株につけっぱなしにする場合は、鉢が小さすぎると根詰まりしてしまうので、株が大きくなったら大きめの鉢に植え替えたほうがいいでしょう。

 


マーガレットレッピンが苦手な季節

夏の暑さに少し弱いです。ほかの多肉よりも、夏に雨ざらしにしていると、ちょっと蒸れやすいです。下葉が落ちたり、茎が腐ったりしないように注意します。

水やりも控えめにして、風通しのよい涼しい場所に置いたほうがいいでしょう。

 

おわりに

勝手に増えるというほどの増殖系ではないものの、少しの手間で増やしやすく、初春にはピンクグレーとブルーグレーのやわらかなグラデーションが楽しめます。増やして寄せ植えを楽しみましょう。

この記事をシェアする

最後までお読みいただきありがとうございます。またのお越しをお待ちしております。

ブログ村の多肉植物ブログランキングに参加しています。応援クリックお願いいたします!


Previous Post Next Post

You Might Also Like