暮らし

編み物で気分転換。かぎ針編みでグラニースクエアのクッションカバーを作りました

かぎ針編みのクッション

かぎ針編みのもっともベーシックな四角モチーフ「グラニースクエア」でクッションカバーを編みました。いい季節なのにコロナウイルスのせいで外出しにくくなってしまったので、おうちでかぎ針編みはいかがでしょうか。どこにも売っていない自分好みのクッションカバーができますよ。


グラニースクエアのクッションカバー

かぎ針編みに詳しい方はよくご存じだと思いますが、この四角モチーフは「グラニースクエア」と呼ばれるかぎ針編みの基本的なモチーフです。グラニーすなわちおばあちゃん、スクエアすなわち四角。

実際にわたしの祖母も、脳梗塞で半身不随になってから、このモチーフのクッションをよく編んでいました。両手が動くときはもっと複雑なショールなどを編んでいたのですが、それは無理だったようです。

祖母が生きているときは編み物に興味がなかったので、残念ながら教えてもらうことはありませんでした。

グラニースクエアのクッション

ネップ入りの毛糸(赤、緑、青、黄色、白)は、1玉がけっこう大きかったので、ほかのものを編んだ残りです。

薄いピンクと外側の白の部分は、手持ちの半端な毛糸を使用しました。半端に残ってしまった毛糸の消費にとてもいいです。

このモチーフを編み始めたのは2011年でした。最初に編んだ作品は完成させたのですが、これは少しだけ編んでやめてしまい、そのままになっていたのです。なんでだったかな。飽きたんだろうな(笑)。

で、昨年11月にクローゼットの奥にあるのを発見し、また発作的に再開したのです。なんででしょうかね。暇だったんだろうな(笑)。

そして編み上がったものの、またつなげるのが面倒で放置していたところ、今度はコロナがやってきたのでした・・・。

いい季節なのに、でかけられない。テレビをつけてもコロナばかり。そして志村けんが・・・(泣)。

というわけで、意を決してとじ針を手に持ち、やり始めたらサクサクと進み、完成。

赤の毛糸がちょっと余っていたし、何か物足りない感じがしたので、買ってみたもののまだ一度も使ってなかったポンポンメーカーを取り出し・・・。

クッションにポンポン

ポンポンつけました。かわいい。毛糸が飛び出てるけど。気持ちいいほどきれいに毛糸を使い切った・・・。

毛糸のポンポン。それは「かわいい」の具現化・・・。

スーパーポンポンメーカー。スーパーなポンポンメーカーです。

かわいいなあと思いつつ、ポンポンの世界には手を出していなかったのですが、やばい、興味でてきました・・・。でも、作ったものをどうするのかがイメージできない(笑)。

グラニースクエアのクッション

最初は赤系も青系も混ぜてしまうつもりだったのですが、表と裏で色を分けてリバーシブルにしました。赤系のが部屋での存在感はありますが、主張が強いとも言えます。

モノトーン系のお部屋ならグレー系の毛糸とかでもおしゃれですね。カラフルな多色使いの場合は、ある程度色数を絞ったほうがいいと思います。あまり色数が多いと、いかにも「余った毛糸で作りました」風になります。

編み物の雑誌には、編み物の先生が余った毛糸で編んだおしゃれな作品が載っていたりしますが、ああいうのは意外とセンスよく仕上げるのが難しいんじゃないかなと。一番外側を全部同じ色に統一すると無難にまとまると思います。白が一番無難。

中身のヌードクッションは45センチのものがあったのでそれを入れました。まったくサイズを考えていなかったのですが、偶然にもちょうどよかったです。

椅子で使っている別のクッションのへたりが気になっていたので、今日楽天市場でヌードクッションを注文しました。60センチ、40センチ、45センチを買いました。こちらのお店はいろいろなサイズが揃っています。

 

おわりに

2011年の震災後に編み始めたものが、9年後にようやく完成しました。

かぎ針編みをすると気持ちが落ち着くような気がします。おそらくそれは単純な反復運動だからだと思います。

複雑な模様だと逆にストレスがたまるかもしれませんが、グラニースクエアはシンプルなので、一度おぼえてしまえば何も考えなくても手が動くようになります。かぎ針を動かすのに集中すると、浮かんでくる余計な思いは右から左へと流れていきます。ちょっと瞑想に似ています。

今はカゴの中に入っている、これまた前から放置中の編み込みを編んでいます。コロナも編み込みも長期戦になりそうです・・・。

考えてみれば祖母は変わった人でしたけど、ものすごい我慢強い人でした。半身不随になっても泣き言を言いませんでした。まったく性格が似てないんですよね。四角モチーフ編みが好きという共通点がやっとできました。

慣れれば1枚編むのはすぐですから、余っている毛糸があったら、家事などの合間にお茶でも飲みながら、ぜひかぎ針編みをやってみてください。

編み方は、ネット上にも転がっているので検索してみてください。動画もあります。

本を買うなら自分は持ってないけどこれとかどうでしょうか。表紙がグラニースクエア。

デザインが好きな本を選んだほうがワクワクするかもしれないけど、難しすぎると編み図を読むのが面倒で挫折すると思うんですよね。最初は簡単なのから始めましょう。単純なモチーフでも色合わせで楽しめますよ。

シンプルな金色のクロバーかぎ針。ペン-Eとアミュレも持ってますが、あまり違いを感じないような。太さは毛糸の指定に合わせてください。

ではまた。

この記事をシェアする
Previous Post Next Post