観葉植物

スキンダプサス挿し木のその後。植物エントロピー増大の法則

スキンダプサス

挿し木したスキンダプサス・ピクタス・アルギレウスがこんもりしてきました。ボリューム感が出たのではないでしょうか。肉厚の葉っぱと白い模様がきれいです。


スキンダプサス・コンモリウス

スキンダプサス ・コンモリウス( Scindapsus konmorius)は、スキンダプサスの新種です。埼玉県で発見されました。

スキンダプサス

嘘です😅

手前のは6本ぐらい植えてあると思います。

1本だとボリュームが出ないので、発根した挿し木をギュギュっと植え込んで、しばらくするとコンモリウスになります。

その後ろのは、小さい鉢に3本くらい植えてあります。いちばん奥のはもとの鉢で、再度切ってしまったので、いまはさびしい状態です。ここにないのも数えると、全部でいま5鉢くらいでしょうか。そんなに増やしてどうするんっていう・・・。

スキンダプサス

小さい鉢(3号)は上から見るとこんな感じ。このサイズは下の陶器の鉢カバーにすっぽり入るので飾りやすいです。


この鉢カバーは、だいぶ前に楽天のチャームさんで何か買ったときに、送料無料にするために買ってみたのですが、いいです。ビニールポットでもこれに入れてしまえばいいので便利です。

ちなみにこのスキンダプサスもチャームさん出身です。自分が買った小さいサイズのは、いまは売り切れているみたい。

ちょっと大きいサイズ。自分が買ったときより少し高いけど。

これから寒くなるので、観葉植物はお店によっては在庫が減ってきますかね。トラブルがあったときにそのまま枯れてしまう恐れがあるから、とくに寒い地方の人は、冬に買うのは注意が必要ですね。自分のところはまだ部屋もベランダも昼間は暖かいですが。

スキンダプサスの育て方

これが植え替えたときの様子です。これが7月だから、切ったところからだと4か月後ってところですかね。葉っぱよりも根をしっかり育てるのが大事ですね。

スキンダプサス の成長はポトスよりも早いです。成長が早いので、梅雨から夏にかけて、暗い場所だと節と節のあいだが伸びすぎてしまいます。茎がどんどん伸びて、葉っぱも小さくなります。明るい場所のほうが徒長しないで、肉厚の葉っぱになると思います。

スキンダプサス

挿し木の方法は、下記の記事をご覧ください。

動画もあるでよ。

 

植物エントロピー増大の法則

同じものばかり何鉢もあるので、そろそろ処分の方法を考えないといけないなあと思っています。じつは物が多いのが、どちらかというと好きじゃないんですよね。

観葉植物

エンドレスに増えるものって怖くないですか。エントロピーの法則とかも、知ったとき「なにそれ怖い」と思ったんですよね。

小さい頃、お墓が増えすぎたら山がなくなってしまうと真面目に思っていたんですよね。自分の田舎は、斜面がお墓になっているところが多いし、当時は、人口爆発大変だ〜、ってさんざん言われてたから。

あの頃、地球の人口は45億人くらいだったでしょうか。いまは70億人超えてるけど、地球さん余裕ですね。植物や動物も含めた環境まで考えると、問題はないわけではないですけど。

観葉植物

植物エントロピーが増大している・・・😅

エントロピーを減らさねばならない。

そうだ、いくつか片付けて、また新しい植物を買おう。

えへ。

白い部分が多いトレウビー(treubii)。欲しい。

この記事をシェアする
Previous Post Next Post