観葉植物

5月、6月は観葉植物の植え替え適期。初夏の植え替え祭り開催中!の巻

観葉植物

気温が上がり根や葉が活発に成長しはじめる5、6月は、観葉植物の植え替え適期です。鉢が小さくなった観葉植物があったら、この時期に植え替えをしておくことをおすすめします。先日植え替えた植物をご紹介します。


観葉植物の植え替え

観葉植物は暖かい地方の植物が多いため、種類や置き場所にもよりますが気温が低いと活動しません。また植物は気温だけでなく日照時間も感じとっています。冬でも室温が高ければ植え替えして大丈夫、というものではありません。

もちろん植え替えると絶対枯れるというものでもないですが、植物にとってはあまりうれしいことではありません。

観葉植物

根腐れなどで緊急に土替えが必要な場合を除き、植え替えは初夏から初秋までの暖かい時期にしてあげたほうが、植物には負担が少ないと言えます。基本的に観葉植物は春から秋に購入するほうがベターです。

そんなわけで植え替え待ちの植物がたくさんあるため、重い腰を上げて10鉢ほど先日植え替えました。興味がある人がいるかどうかわかりませんが(笑)、新顔を含めて順番にご紹介します。

 

ボストンファーン

昨年秋に購入したボストンファーン。というか普通の西洋タマシダのような気もする、とりあえずネフロレピスなお方。

ボストンファーン

3号吊鉢に植えられていたので、秋から春までリビング中央の照明にぶら下げていました。天井にフックとかないので、そこしか下げるところがないのです。

鉢いっぱいにぎゅーぎゅーに生えているので端っこがよく水を吸えないらしく、葉っぱが一部枯れてきました。そこで枯れた部分を一部株分けし、本体を5号吊鉢に植え替えました。ただ5号は水をやるとかなり重くなります。吊るすなら3号がいいかもしれない、とやってから気づきました。

ボストンファーン

株分けしたほうは枯葉がまじっているので、全部葉っぱを切ってしまいました。果たして復活するでしょうか。

楽天市場でボストンファーンを探す

 

ポトス・マーブルクイーン

空いた3号吊鉢に、ポトス・マーブルクイーンを植えました。札なしだったのでマーブルクイーンかどうかわかりませんが、たぶんそうです。おそらく。メイビー。

ポトス・ステータス

斑の入り具合がすてきです。生育旺盛なので、すぐ大きくなるでしょう。ただ真っ白い葉っぱがときどき出ます。光合成しないので切ったほうがいいです。

楽天市場でポトス・マーブルクイーンを探す

 

ポトス・ステータス

マーブルクイーンよりもちょっとめずらしい、ステータスも植え替えました。葉が柔らかくて繊細な見た目ですが、ポトスなのでわりと生育は旺盛です。もちろん寒い時期は成長しませんが、暖かくなって3号鉢から脱走し始めたので、植え替えです。

ポトス・ステータス

茎から根が出ているので、楊枝で茎伏せしておきました。ポトスは今の時期なら外の日陰に置いたほうが生育がいいと思います。日焼けに気をつけましょう。

楽天市場でポトス・ステータスを探す

 

ストレリチア・レギネ

種から育てているストレリチア。根がゴボウのように太いため、植え替えに一苦労する植物です。

ストレリチア・レギネの根

きもい・・・。鉢底ネットを飲み込み、土を押し上げる、パワフルすぎる根っこ。このような多肉質の根を持つため、乾燥には強いです。水をやりすぎると根腐れするかもしれません。

根の先端は切れても平気ですが、鉢から出しにくいので、茎の根元から折らないように。鉢底から何かをぐいっと突っ込むと外れます。

ストレリチア レギネ

去年の夏、引越しのあとにベランダに出したら日焼けしてしまいました。

黄花のマンデラズ・ゴールドが2株と、オレンジの普通のが5鉢あります。マンデラズ・ゴールドだけほしかったのですが、南アフリカから種を取り寄せたら、なぜかオレンジの種もおまけしてくれたのです。

ほかにもプヤ・ミラビリスとかモラエアとかグロリオサとかタダでもらいました。同じところに2回注文したのかな。まだ蒔いていないので冷蔵庫に入ったまま数年経過・・・。南アフリカ人って親切ですね(笑)。

でもこんなに要らないんだよなあ。大きい鉢に一緒に植えちゃおうかなあ。地植えできたらいいんだけど・・・。

楽天市場でストレリチア・レギネを探す

 

フィロデンドロン・セローム

ホームセンターで小苗を安く売っていたので、うっかり買ってしまいました。セロームはヤツデのように葉っぱに切り込みがある植物ですが、小さいうちはこんなかわいいんですね。

フィロデンドロン・セローム

大きく育ってほしいような、できればこのままでいてほしいような。大きくなったら場所をとりそうです。

楽天市場でフィロデンドロン・セロームを探す

 

フィロデンドロン・シルバーメタル

メタリックな葉っぱがかっこいい、その名もシルバーメタル。売れ残り品のようだったので、下の葉が少し痛んでいました。だいぶ新しい葉っぱが出てきましたが、小さいのはなぜだろう。

フィロデンドロン・シルバーメタル

3号黒ビニールポットだったからかな。黒ビニールポットの屈辱に耐え、晴れて素焼き鉢に昇格しました。

楽天市場でフィロデンドロン・シルバーメタルを探す

 

ピレア・カディエレイ

これもシルバーメタルとおなじ園芸店で購入しました。ハイドロカルチャーだったのでコンディションはあまりよくありませんでした。

ピレア

土に植え替えたら元気になりましたが、下の葉がまだ痛んでいます。分枝しないで上に伸びているので、切り戻さないといけないのかな。

ピレア

ちらり。アイシングがかかったような白い部分が好き。

先日行った牧野植物園の温室内にも生えていました。ジャングルの下草になる植物のようです。買うとき迷ったけど、お気に入りです。

楽天市場でピレア・カディエレイを探す

 

カラテア・マコヤナ

秋に300円で購入したハダニまみれのマコヤナ。ハダニを退治し、植え替えた後、元気になりました。このたび一回り大きな素焼き鉢に昇格。

マコヤナの根

根を見てみました。白い根が多いので根腐れはしていないのですが、根が浅い。底に鉢底石のかわりに発泡スチロールを敷いていたのですが、そのせいで少し水はけが悪かったのかもしれません。それとも、もともと根が浅いのかな。

カラテア・マコヤナ

マコヤナは、カラテアのなかでは育てやすいほうだと思いますが、ポトスやフィロデンドロンよりは気を使います。ユニークな葉っぱが存在感があり、インテリアのポイントになるのでおすすめです。

楽天市場でカラテア・マコヤナを探す

 

おわりに

以上、「初夏の観葉植物植え替え祭り」初日のようすをお伝えしました。2日目の開催は未定です(笑)。

ほかにも植え替えないといけないものがたくさんありますが、まあ少しずつ。できることからぼちぼちと。

土は、観葉植物がピンピン育つらしいこの土を使いました。前にも購入しましたが、ほぼピートモスとパーライトでできているような気がするので、わりと保水性が高いです。軽いので吊鉢には向いています。品種によっては、赤玉土や多肉用の土をブレンドして少し粗めにしたほうがいいかもしれません。

赤玉土、多肉用土、観葉植物用土の3種類あると、ほぼオールマイティーに調整できます。ピートモスとかパーライトを単品で購入してもいいのですが、量が多いことが多いので持て余します。

ではまた。

この記事をシェアする
Previous Post Next Post