国内

バラをお腹いっぱい見るなら京成バラ園。行き方と園内のバラをご紹介します、の巻

千葉県八千代市にある京成バラ園。春と秋のバラシーズンには園内がバラでいっぱいになります。京成バラ園への行き方と園内で見られるバラをご紹介します。


京成バラ園

京成バラ園は、千葉県八千代市にあるバラ苗専門企業「京成バラ園芸」が運営するバラ園です。3万平方メートルの広さを誇る園内には、1500品種 1万株のバラが植えられており、とくに春と秋のバラシーズンには多くの人々でにぎわいます。

京成バラ園

春の京成バラ園のようすです。園内あふれんばかりに咲いています。「あふれんばかりに」というのが誇張ではありません。バラの海。バラの洪水。バラまみれ。

秋バラはここまでは咲かないと思いますので、ワオ!という感動をとっておきたい方はぜひ春に。

京成バラ園

オールドローズのエリア。このエリアの雰囲気が、わたしとしてはすごくいいと思いました。ちょっとイギリスっぽい?

 

園内のバラをご紹介

バラ ノヴァーリス

青系バラで有名なノヴァーリスです。青系バラは弱々しい感じがしてそれほど好きじゃなかったのですが、きれいですね〜。バックに赤いバラが植えてあるのが、これまた引き立てあってすてき。

バラ リモンチェッロ

さわやかなレモンイエローとひらひらした花弁が個性的なリモンチェッロ。元気いっぱいですな。

バラ 杏奈

これまたすばらしく美しいアプリコット色の杏奈。これ欲しいなあ。でも掃除が大変そうだ・・・。

ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンド

オールドローズエリアから、ギスレーヌ・ドゥ・フェリゴンドです。つぼみが美しい。名前もかっこいい。

レオンティン・ジェルベです。1903年作出。こんなつるバラのあるお家(つるバラの世話してくれる人つき)に住みたい! 

キュー・ランブラー

キュー・ランブラーです。1913年作出。めしべの黄色、ピンクのふちどり、あらゆる点においてかわいいを追求。

ザ・ピルグリム

イングリッシュローズのザ・ピルグリムです。淡い黄色がすてき。だんだん薄くなるんでしょうか。グラハムトーマスが親だそうです。

京成バラ園

名前がわからないのですが、こういうシンプルなつるバラもすてき。

ミミエデン

この特徴的なお花はミミエデンさんですね、たぶん。

ウーメロ

杏奈に似ていますがウーメロです。花はきれいですが、この写真を見ると、咲き終わった後にきれいに散ってくれない感じでしょうか。

ハニーキャラメル

ハニーキャラメルです。たしかにハニーキャラメルという感じの色ですね。

京成バラ園

これなんて名前でしょう。このオレンジがすごくいい。写真を見ていたらほしくなりました。また今度行ったら確認してみよう。

京成バラ園

あとこれ。深いピンク、見事な花つき、プロの仕事にため息です。すばらしい。

京成バラ園

全体的に花数がとても多く、見事です。「ちょっと咲きすぎ(笑)」というくらいに咲いています。人が多いので遠景の写真が撮りにくいのが欠点ですが・・・。もっと晴れた日のほうがきれいだと思います。

京成バラ園の多肉

バラ以外の植物も少しだけあります。多肉とか。併設の園芸店も多肉フェアをやっているようですね。

京成バラ園のジギタリス

ほかにもジギタリスとか。でもまあバラがメインですね。

このほかレストラン、ギフトショップ、園芸店も併設されています。バラを見たあとはバラ苗がほしくなります。でも、欲しいなあと思った品種は売り切れているのかなかったのが残念です。どうしても欲しい品種がある場合には、やはり通販が便利です。株を見られないデメリットはありますが・・・。

 

京成バラ園の行き方

京成バラ園の最寄駅は、東葉高速鉄道の八千代緑が丘駅です。駅を出て、線路沿いの遊歩道を歩き、徒歩約15分で到着します。

Googleマップでは遠回りの徒歩ルートが表示されています。高架下をずっとまっすぐ歩くと着くようになっているので、実際は22分もかかりません。車が入れない道なのでGoogleマップには途中から表示されていません。

それほど遠くありませんが、園内も広く歩きますので、駅からバスを利用してもいいかもしれません。バスでは約5分です。バスの時刻表を行く前に確認しておきましょう。

車でのアクセス

駐車場 700台(無料)
春、秋のシーズンは周辺道路が大変混雑しますので、公共交通機関のご利用をおすすめします。

 


入園料

料金は時期によって変動します。

春バラシーズン 5・6月
券種料金
大人※11,200円

シニア※2
障がい者※3

900円
中学生200円
小学生200円
小学生未満無料

 

秋バラシーズン 10・11月
券種料金
大人※11,000円
シニア※2
障がい者※3
700円
中学生200円
小学生200円
小学生未満無料

 

※1 高校生以上

※2 65歳以上の方は生年月日を提示。 

※3 障がい者および介助者(障がい者1名につき1名様まで)は、障がい者料金となります。証明するものをお持ちください。

わたしが行ったときバラシーズンであったため、駅で割引チケットを販売していました。ホームページでも割引チケットを販売しています。

バラシーズン以外の入園料および他の詳しい情報については、京成バラ園公式サイト「営業案内」のページをご覧ください。

 

おわりに

バラ好きなら一度は行っておきたい京成バラ園。ぜひバラのシーズンに足を運んでみてください。京成バラ園ブランドのバラがメインですが、たくさんのバラが植えられているので、お好みのバラを探すのにもいいですね。

早朝入園、トークショー、ガーデンガイド、コスプレ撮影会など、バラシーズンにはさまざまなイベントが開催されています。お出かけの前にはイベント情報を確認してください。

ではまた。

Previous Post Next Post