ポイント・マイル

わたしがなぜ毎年イギリスや北欧に特典航空券で行けるのかご説明しよう、の巻

jQエポスゴールドカード 招待

うさんくさいタイトルで恐縮です(汗)。ここ数年マイルで海外旅行に行っています。知ってる人には今更の話なのですが、普段の生活でポイントをためて特典航空券を利用する方法を解説いたします。

陸マイラーって?

そんなわけでショボマイラー(注)のわたしが、僭越ながら陸マイラー活動についてご説明します。

注:ショボいマイラーの略。商標登録済(ウソ)。

今年の夏もイギリス旅行と北欧旅行をしてきましたが、航空券代は航空会社のマイルを利用しました(燃油サーチャージと税金は別にかかります)。

マイルは本来は飛行機に乗ることで貯まるものですが、ポイントサイトやクレジットカードのポイントを「陸(おか)」で貯め、それをマイルに交換して飛行機に乗る人たちのことを「陸マイラー」といいます。

わたしはケチで出不精なので、自分でお金を出すなら旅行にそももそも行かないかもしれません。ビジネスクラスとかラウンジとかもあまり興味ありません。だからそれほどガッツリためる必要もありません。エコノミーでよければすぐにたまります。

ボドナントガーデン

ボドナントガーデンのキングサリ

 

クレジットカードの入会・利用で貯める

陸でのマイルの貯め方はいろいろな方法がありますが、最も効率的なのがクレジットカードの入会ポイントです。入会だけで多くのポイントがゲットできるので、これをマイルに交換します。

ただし短期間にたくさんのカードを作るのはダメです。クレジットカード会社は信用情報を共有しているため審査に落ちる可能性があます。審査に落ちると、しばらくカードが作れなくなります。2、3ヶ月に1枚ペースにして、発行したカードはちゃんと使いましょう。

一方、クレジットカードの利用ポイントは入会ポイントのようには一気にたまりませんが、日々の必要な支出に利用するだけで少しずつためることができます。

パーラムハウスのゲート

パーラムハウスのガーデン入り口

 

おすすめカードはJQ CARD エポスゴールド

わたしの現在のメインカードは、JQカード・エポスのゴールドカードです。日曜日にマルエツに行くときは、5%オフになるのでセディナカードJiyu!daを利用しています。もちろんTポイントもいただきます。Tポイントはウェルシアで20日に利用すると1.5倍になります。

JQカード・エポスは、普通に利用すると還元率が0.5%なので見劣りするのですが、リボ払いにして、それを即時返済することで、還元率を1%にすることが可能です。

またゴールドカードであれば、「選べるポイントアップショップ」に普段よく利用する対象店を3ヶ所登録することでポイントを3倍にすることができます。

さらに年間50万円利用で2500円、100万円利用で1万円相当のポイントを還元してもらえます。

しかも、年会費はずっと無料なのです!

た・だ・し、

JQエポス・ゴールドはインビテーションがないと加入できません。エポス・ゴールドカードからの切り替えもできません。

モティスフォント

モティスフォント・アビー

 

エポス・ゴールドカードをJQ CARDエポスゴールドに

わたしは(JQではない普通の)エポス・ゴールドカードを持っていたので、これをJQカードエポスのゴールドにするには、まずJQエポス普通カードに切り替える必要がありました。

エポスゴールドカードのインビテーションは、「6ヶ月以上および50万円利用」でくると言われています。わたしは前に住んでいた部屋の賃貸保証が丸井のROOM iDだったため、家賃を払っていたらインビテーションがきました。

そのためJQエポス普通カードに切り替えると、また数ヶ月またないとインビテーションがこないんだろうなと思っていたのですが、意外にも切り替えの翌月にJQエポスからインビテーション(トップ画像)が来て、JQエポスのゴールドを入手することができました。

永年無料のゴールドカードで還元率も高い。しかもマルイの10%オフのご招待も来るのでマルイでお買い物するかたは、エポスカードは必須ですね。

ポウィス城

ポウィス城のガーデン

 

選べるポイントアップショップでポイントを3倍に

ゴールドカードが届いて、早速「選べるポイントアップショップ」に普段利用しているマルエツを登録しました。これだけでマルエツ利用分はポイント3倍(1.5%)になります。

選べるポイントアップショップの対象ショップには、イオン、イトーヨーカドー、東急ストア、東武ストア、ヨークベニマル、ライフ、ヤオコーなどがあります。

クレジット利用額の締め日後に支払いをリボ払いに変更して、pay-easyから返済(金利発生なし)すれば、さらに0.5%。加えて、年間100万円きっかり利用すれば、1万円分のポイントがもらえます(1%)。

つまり「選べるポイントアップショップ」利用分にかぎって言えば、最大で3%のポイントが付与されます。

 

驚異的な還元率 ANAマイル2.43%!

さらにさらに、ここが最大のポイントなのですが、JQエポスカードでたまるのはエポスポイントではなくJRキューポというポイントで、これはソラチカルートを通してANAマイルに交換できるのです!

ルートは、

JRキューポ>Gポイント>Lineポイント>メトロポイント>ANAマイル

になります。

交換率は81%です。最大でANAマイル還元率は2.43%になります。

仮に「選べるポイントアップショップ」での年間利用料が100万円きっかりだとすると、2万4300マイルになります。

4万5000マイルあれば、イギリスへの往復航空券と交換できます。クレジットカードをJQエポスゴールドカードにしてふだんのお買い物をするだけで、2年に1回イギリスに行けることになります。

わらしべ長者みたいですね。千里の道も1ポイントからです。

 

重要点は、リボ払いにして、リボ手数料が発生する前に返済することです。エポスではpay-easyを利用して返済することができます。対象銀行のインターネットバンキングを通じて支払います。

わたしは毎月締め日後に「全額リボ払いにする」ボタンを押し、すぐに返済しています。手間ですが、これでポイントが倍になります。 返済を忘れるとリボ払い手数料が発生します。

 

エポスカードを持っていないなら

JQエポスカードではなく、まず普通のエポスカードに入会するほうがお得です。エポスカードの入会特典のほうがいいからです。エポスを発行すれば最大8000円分のエポスポイントがもらえますが、JQエポスを直接発行すると2000円分のJRキューポしかもらえません。

エポスカードが発行されてから、お好きなタイミングでJQエポスカードに切り替えてください。そして日々の支払いに利用し、インビテーションが来るのをエポス神に祈ります(笑)。エポスゴールドのインビテーションが来るのを待ったほうが早いのかな。エポスが決めることなので、ちょっとなんとも言えません。

エポスでたまったポイントは切り替え後にJRキューポに交換できます。エポスポイントからANAマイルに直接交換するよりも交換率がよくなります。

わたしはエポスカードに2万9134ポイントたまっています(ほとんど家賃の支払いです)。これをエポスゴールドからANAマイルに直接交換すると17480マイルにしかなりません。JRキューポに交換してからANAマイルにすると、2万3598マイルになります。6118マイルもお得です。

 

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードのキャンペーン

数年前にアメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードの入会ボーナスポイントを45000ポイントもらい、それをブリティッシュエアウェイズの3万9000マイル(6月のオフピーク日)に交換してイギリス往復しました。

このときはアマゾンギフト券も2万円分ついてきました。さらにグリーンの普通カードをポイントサイト経由で発行して1万7000ポイントもらいました。こちらはANAマイルにしました。

ブリティッシュエアウェイズのマイルは4500マイルでJALの片道航空券に交換できるので、残りのマイルで九州往復もしました。通常の利用でもたまったので、まだ少し余っています。

ゴールドカードを発行して条件クリア(このときは3ヶ月で40万円利用)しただけで、こんなにタダで旅行できてしまうのです。

さらにアメックスは知っている人は知っている恐ろしいキャンペーンもやっていたんですが、それはもうないと思うので・・・。

 

Amazon利用者対象同梱チラシキャンペーン

アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは毎年Amazon利用者を対象としたキャンペーンをやっています。わたしが入会したのも同じです。

アメックス Amazon チラシ

先日Amazonで買い物したら、今年もチラシが同梱されてきました。

毎年特典の条件が毎年微妙に違うのですが、今年の特典は、

1)初年度年会費無料、

2)入会3ヶ月以内に合計30万円以上の利用でAmazonギフト券1万円、

3)入会から3ヶ月以内に合計60万円以上の利用で5万5000ボーナスポイント

になっています。60万円利用すれば、もちろん利用ポイント6000ポイントもつきます。

アメックスのポイントは、さまざまな航空会社のマイルに交換できます。

ANAマイルの場合、メンバーシップリワードプラスとメンバーシップリワードANAコース(合計8000円が別途必要)に加入すれば、1ポイントを1マイルに交換できます。これだけでANAでイギリス往復できます(サーチャージ・税金等は別途必要)。

ブリティッシュエアウェイズに交換する場合はやや交換率が低くなりますが(1250ポイント=1000マイル)、イギリスへの必要マイルがANAよりも少ないので、オフピークや特典航空券50%オフのキャンペーンをうまく利用すれば2回行けてしまうかもしれません。

しかもわたしは特典航空券なのになぜかプレエコにアップグレードしてもらえたので、お得度は計り知れません。

 

Lineショッピングの実質2割引キャンペーン

しかも今はLineショッピングというLineが運営するポイントサイトが還元率の高いキャンペーンを乱発しているので、Lineを通してYahoo!ショッピングなどで買い物すれば、さらに驚愕のお得率に・・・。

10月31日までのポイント狩りキャンペーンでは10万円利用で18000ポイント付与。最もお得な6万円だと12000ポイント(2割引)。これだけで9720マイルゲット。

大丈夫ですか、Lineさん(笑)。電子レンジがボロくなったので買い換えようかな。

ウェールズ 電車

ウェールズの電車

少しハードルが高いですが、3ヶ月以内に60万円決済できれば、間違いなくお得です。

専用キャンペーンコードが必要です。Amazonでお買い物するとチラシが入ってきます。12月15日までの期間限定です。

 

ポイントサイトのポイントをANAマイルに交換:ソラチカルート

ポイントサイトでためたポイントは、ソラチカカードの保有者だけが利用できるソラチカルートを通すことによってANAマイルに交換することができます。

ソラチカカードというのは、ANA To Me Card PASMO JCBの愛称で、メトロポイントがたまるJCBカードのことです。

ポイントサイトで獲得したポイントは、Lineポイントを経由してメトロポイントに交換でき、さらにANAマイルに交換することができます。交換率は81%です。

マイルは特典航空券に交換すれば、使い方しだいで2円、3円またはそれ以上の価値が出てきます。ですからポイントサイトでゲットしたポイントは、マイルにするのが非常にお得なのです。

現在ソラチカカードは入会キャンペーンを実施しており(2018年10月28日現在)、ちょびリッチから申し込むと1万4000ポイント(7000円相当)のポイントがゲットできます。これに加えてANAやJCBでもキャンペーン中であれば、そちらでもマイルがもらえます。

ちょびリッチは、下記のバナーから登録すると500ポイント(250円)相当もらえます。

サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 

ANAマイルヘのポイント交換方法

ANAマイルに交換するには、さらにGポイントとLineポイントの登録が必要です。ちょびリッチからANAマイルに直接交換してはいけません。

Gポイント

たとえばちょびリッチからの交換であれば、

ちょびリッチ>Gポイント>Lineポイント>メトロポイント>ANAマイル

のルートで交換します。

上記でも説明していますが、ソラチカカードがないと交換できません。ソラチカカードは初年度年会費無料で2年目から年会費がかかります(2160円)。

GポイントからLineポイントへの交換には5%の手数料が必要です。これはサービス利用によるポイント獲得で返還されます。ときどきGポイントを通して楽天市場やYahoo!ショッピングでお買い物すればクリアできます。

ソラチカルートが開通していないポイントサイトも多いですから注意してください。

 

ホテルはHotels.comで予約

ホテルはHotels.comを利用することが多いです。イギリスのホテルが多いのでBooking.comも利用しますが、Hotels.comのほうがお得になることが多いので、両方にあればHotels.comを使います。

10泊で1泊無料になりますし、1泊で2泊分のリワードがつくキャンペーンもありました(登録するとメールでお知らせがきます)。あまり頻度は高くないですが、よいタイミングで予約できれば非常にお得です。

 

おわりに

こんな感じでクレジットカードの入会ボーナスやポイントサイトのポイントなどをためて、ここ数年は旅行しています。計算が苦手なので細かいところが間違っていたらすみません。キャンペーン内容やポイントサイトのポイント数は常に変動するので、あくまで現時点での情報です。

ヨーロッパやオーストラリアは物価が高いので、なんだかんだでお金はかかります。原油高なので燃油サーチャージもしばらく高止まりしそうです。日々の工夫で節約できるところは節約しながら、ときどきは特典航空券で旅行に出かけ、よい旅の思い出を残していきたいなと思います。

ではまた。

この記事をシェアする
Previous Post Next Post

You Might Also Like